いいクルマが素敵な場所に連れて行ってくれる

「いい靴は素敵な場所に連れて行ってくれる」のですが、いいクルマも同じように素敵な場所に連れて行ってくれるようです。 今は「やや大きめのSUV」に乗っているのですが、一度ワンボックスカーやSUVに乗ってしまうと、もうセダンには戻れません。 全国どこ…

いい靴を選ぶ

「いい靴は、あなたを素敵な場所に連れて行ってくれる」というのは本当にそうで、私はいい靴を履くようになってから、今まで行ったこともないような場所に行けるようになりました。 それは例えば高級レストランであったり、一流のオフィスであったりします。…

兆候

具合の悪いことが起こる前には、何らかの兆候があるのではないかと思います。 阪神大震災や東北大震災の前にも、何かの兆候があったのに違いありません。 災害だけでなく、経済のバブル崩壊なども、そうだと思うのです。 1989年をピークとしたバブル経済の崩…

本を読む、語学を学ぶ

一応テレビは家にあるのですが、私自身はほとんど見ません。 したがって芸能人の顔も名前もよくわかりません。 映画も見ないので、海外の俳優や女優も知りません。 スマホの扱いもイマイチよくわからず、どんどん進んでいくITやDXに、この先ついて行けるのか…

過程を存分に楽しむ

「ムリをしない」は私の座右の銘でもあります。 若い頃は「今日できることは今日中に行い、できれば明日のことすらやってしまう」ガムシャラさが「売り」でもありました。 が、そういったモーレツな風潮は、時代的にも、年齢的にも、過ぎ去った感があります…

美味しいものをいただく

今まではディナーにだけ高級コース(つまり値段が高い)があり、ランチにはなかったのですが、コロナ以降は消費動向が変わってきたのかランチにも重点が置かれるようになりました。 大事な人とのランチだったので、高級コースを迷わず選択。 ランチは「アル…

朋あり、遠方より来る。また楽しからずや

自分の視野を広げ、器を大きくさせてくれるものに「本」と「旅」と「人」とがあります。 私は「本」と「旅」については、近年ずい分と充実してきた感があります。 あとは「人」だけですが、「人」に関しては、ここ10年、むしろ交際範囲を狭めてきたところが…

次々と課題をクリアする

レストランでも、肉屋さんでも、不動産屋さんでも、30年以上、その地でお店を営業しているのは立派というしかありません。 長くお店を続けている間には、いい時も悪い時も、またさまざまなことがあったと思います。 比較的うまく営業していても、今度は「店…

ビジネスホテル

ホテルはできるだけ高級なところに泊まりたいという気持ちがあって、今までビジネスホテルにはほとんど宿泊したことがありませんでした。 しかしコロナで色々と変則的なことが起き、ちょくちょくビジネスホテルを利用するようになったのです。 クルマ旅なの…

年3,000冊読破へ

ブログを書く時間がまったく取れない日もあるので、書ける時に書きためておくこともあります。 今までの経験則で確実に言えるのが「語学のオンライン・レッスンを受ける日はブログを書く余裕がなくなる」ということです。 したがって、オンライン・レッスン…

将来の目標

英語のオンライン・レッスンでは、フィリピン・セブ島の若い女性の講師たちに習っています。 講師の技量はピンキリで、英語そのものや、教え方が上手な先生を早く見つけていくことがポイントだと思っています。 先日、その1人と「自己啓発」の話をしました。…

英語の自己啓発の本を読む

オンライン・レッスンでの英語はフィリピン・セブ島の講師に習っています。 30人以上の講師がいると思うのですが、その人の英語力や教え方はピンキリなので、いい講師と出会ったら「お気に入り」に登録しておく必要があります。 若い女性の講師が多いのです…

歴史オタク その2

中国の大筋の歴史もマンガで学びました。 『キングダム』という60巻を超えるマンガがありますが(まだ続いています)、これは中国最初の統一国家「秦(しん)」が誕生するまでの軍事マンガです。 この本を読んでガゼン中国の歴史に興味を持ち出しました。 「…

歴史オタク

歴史をマンガで読むというのは、かなり有効な学習法だと思います。 マンガの日本史の全集だけでも、各出版社から出されていているのが、3,4種類ぐらいあるのではないでしょうか。 私は全部買って読みました。 それどころか改訂版が出るごとに買い求めている…

方向が決まると楽

経営の方向や、人生の方向が決まると、とても楽だというのを実感しています。 迷うこともブレることもなく、時間的にも有効、精神的にも快適です。 経営のほうはストックビジネスに集約しました。 アウトソーシングで、いろんな人たちの助けを借りながら事業…

輝きだしたフランス語とドイツ語

語学としての中国語は結構おもしろいのです。 発音だけは難しいのですが、最初に(アホになって)オウム返しのようにネイティブの発音を繰り返していると、意外に「発音がうまい」とほめられたりします。 略した漢字はよく分からないことが多いのですが、略…

95歳まで持たすために

時の流れのあまりの速さに反撃の糸口さえ得られずに、ずるずると毎日を引きずっている感があります。 「これが出来ていない」とか「あれもやらねば」とかいった感情が交差して、挙句の果てには「ああ、やっぱりアカンなあ」などと自虐に落ちりそうになること…

ランチ会食

コロナのおかげで、会食がディナーからランチへと変化しました。 最新のビジネス情報や「世の中」情報を得たいがため、「仕事ができて、性格もいい」人たちと一緒に食事をすることが多かったのですが、ランチでも十分楽しめることができることがわかりました…

書けば実現する

「経営・人生統合計画書」に行きたい場所を“とにかく”書いてしまい、リスト化しています。 それらをポツポツと、行ける時に行ける所へ行くようにしています。 計画書の「行きたいリスト」から、手帳の日程に書き込んでしまえば、ほぼそれで実現ということに…

黄金の60代

20代は恋愛もしなくちゃいけないし、結婚の準備もしなくちゃいけないので、けっこう忙しいのです。 20代で“多少”人より道草を食っていても、あとで十分挽回できるように思います。 が、30代は「一心不乱に働く」時代で、この時にフラフラしていては、いい人…

インテックス大阪での展示会 その2

今回の展示会で一番ハッとしたのが、コンテナを使ったホテルです。 コンテナを使ったトランクルームは知っていましたが、ホテルとして活用することも可能なのですね。 ホテルの場合は、600坪~1,000坪ぐらいの土地に、ホテル仕様に改造したコンテナをズラリ…

インテックス大阪での展示会 その1

「資産運用」や「不動産テック」の大阪での展示会に行ってきました。 こういった展示会に足しげく通うのが、今の私の重要な仕事の一つであると思っています。 むろん、何もピンと来るものがないままに帰ることも少なくないのですが、それはそれで「何もない…

過程を存分に楽しむ

ある服飾アドバイザーいわく「今の自分に似合う服を求めるのではなく、『なりたい自分』にふさわしい服を選ぶべきだ。そうするとその服が『なりたい自分』に引き上げてくれる」とのことです。 この法則は私も以前から実践してきたのですが、まさにその通りの…

電子辞書

私は63歳からフランス語を学び始め、64歳から中国語を始めました。 中国語のほうは、中国という国が毛沢東の時代に戻っていくような気配のため中断していますが、自由中国が生まれた際には、また再学習してもいいかなと思っています。 で、今は英語とドイツ…

今月の読破リスト

私は高校1年生のときから本を読み始めました。 大学に推薦で入れる高校に入学したので、せっかくだから本を読もうと思い立ったのです。 以降、読書が一貫した趣味になりました。 で、これは大正解でした。 人生で大切な大部分のことは本から学びました。 高…

楽しい語学

私は本もよく読むのですが、雑誌もけっこう購読しています。 『週刊東洋経済』や『週刊ダイヤモンド』や『日経ビジネス』や『日経トップリーダー』や『歴史街道』などです。 そのほかに『TIME』や『Newsweek』や『The Economist』などの英語の雑誌も定期購読…

不動産投資

元メガバンクの支店長で、今は個人投資家として10棟のアパートや4つのトランクルームを所有する方がいます。 メガバンクの支店長になるぐらいだから、仕事を相当頑張ってきたのだと思います。 43歳で支店長になったとき、78歳の女性のお客さんがおり、その人…

ルーティンへの割り込み仕事

『神社へ行って、運気を上げよう!』という本が今年中に出版される予定です。 いつも本はネットで買うことが多いのですが、自分の本がもうアマゾンに出ているのを知りビックリしました。 本を1冊書く行為は、とてつもなくエネルギーと時間を消費します。 そ…

コインランドリーを訪ねる旅

スーパーなどの館内や駐車場に設置するのをビジネスモデルとするコインランドリーがあります。 勉強のため、そのいくつかを視察することにしました。 今回は三重県のコインランドリーを2つ見てきました。 日帰りでも行けないことはなかったのですが、自分の…

「本の大整理」&「書庫の追加」作戦

電動書庫がいっぱいになり、新しい書庫を設置する必要にせまられました。 ふつうの大きさの本が、とにかくたくさん入る本棚がいいので、オーダーメイドしました。 すると市販されているスチールの書庫などよりも、奥行きの薄いものが出来あがり、まるでその…