シンプルライフ

人生は短いのだから「やるべきこと」と「やらないこと」を最初に決めておかないと、時間がいくらあっても足りません。 * 「なりたい自分」や「やりたいこと」が案外自分で分かっていないことも多く、まずはそれらをシッカリと把握しておくのが大事な作業で…

ある会食

歯科医師(男性)と歯科衛生士(女性)と土地家屋調査士(女性)と中国人大学院留学生(女性)との会食でした。 * 一見脈絡のないメンバーなのですが、美女に囲まれ、しかも歯科医師からご馳走していただき、超ラッキーなのであります。 * 宝塚市内にこの…

お気に入りのホテル

九州での5日間のクルマ旅では別々の場所に4泊したのですが、いわゆる「旅館」は非常に使いにくいということがよく分かりました。 * まずは机がないところが多いのです。 * 電気スタンドもなく、デスクワークや読書ができません。 * 部屋でWi-Fiが使えない…

神社訪問リスト

若い頃はクルマの運転がそんなに好きではなかったこともあり、旅行は新幹線か飛行機でするものだと思い込んでいました。 * ところが還暦過ぎてから俄然「クルマ旅」に目覚めたのです。 * 平成25年(2013年)の式年遷宮以降、伊勢神宮に毎月お参りに行って…

健康とお金の勉強

斎藤一人さんは中卒ですが、大成功を収めています。 * 斎藤一人さんいわく「マラソンでも早くスタートしたほうが有利に決まっている。社会でも早く出た方が有利なのは同じこと」。 * 大学なども「いかに社会に出てから活躍できるか」に焦点を絞って教育や…

再び伊勢から東京クルマ旅 その3

今回の東京滞在での反省点は「テレビを見すぎた」ことです。 * 家ではほとんどテレビを見ないし、旅先でも滅多にテレビのスイッチを入れることはありません。 * が、今回は頻繁(ひんぱん)にテレビをオンにしました。 * 面白ければ別にそれでいいのです…

再び伊勢から東京クルマ旅 その2

「丸の内仲通り」が東京でのお気に入りの朝の散歩コースです。 * 通り自体がとてもキレイで、魅力のあるお店も多いし、建築中の高層ビルが行くたびに完成に向かっているのを見るのは楽しいのです。 * まさに都心のパワースポット。 * * 東京へ着いた次の…

再び伊勢から東京クルマ旅 その1

毎月、伊勢神宮に参拝に行っているのですが、最近は伊勢のあとにそのまま東京にも行くようにしています。 * 伊勢神宮では正式参拝をするので緊張するのですが、東京はその直会(なおらい)といった感じでリラックスしています。 * 平成25年(2013年)10月2…

老後のリスク

66歳にもなると、働かないからといって非難されることもなく、これは非常に助かります。 * 私は一生働き続けるつもりですが、それでも「週休5日」などと訳の分からないことを妄想しています。 * 「旅に出ているか、本を読んでいるか、たまに仕事しているか…

ストックビジネス

事業にも「狩猟型」と「農耕型」とがあり、狩猟型は毎回ゼロからスタートし、1つの仕事が終ればまたゼロから始めなければならないという宿命があります。 * 狩猟型の仕事は一見ハデなのですが、売上が安定しないという欠陥があります。 * 不動産業において…

関西直行便

私はドイツ並びにドイツ語が大好きなのですが、関西空港からドイツへのフライトは今までフランクフルトでした。 * それがいつの間にかミュンヘンになっているのです。 * ミュンヘンは保守的な南ドイツ・バイエルン州の中心地で、人々も穏やかで親切です。 …

令和の働き方改革

平成の30年間で株価は3割下がりました。 災害も多くありました。 * 平成の初めの頃はインターネットがほとんど普及しておらず、そういう意味ではこの30年間にライフスタイルが様変わりしたと言えます。 * インバウンド客は仕事をしない短期移民だととらえ…

バンコクへの旅 その6

日本への帰路は8:25AMバンコク発のフライトです。 * 朝5時半にホテルをハイヤーでスタートしたのですが、高速道路をスイスイと走り快適でした。 * バンコクに着いた時も真夜中だったので、ホテルまでやっぱりスイスイ。 * バンコクの渋滞はヒドイと聞いて…

バンコクへの旅 その5

いきなりフライトの8時間遅れというハプニングがあったのですが、無事タイ旅行を終了しました。 * 最近は国内クルマ旅にハマっているので、海外旅行をする機会が減っています。 * また海外1人旅がちょっと億劫になってきて、誰かと一緒でないと行く気にな…

バンコクへの旅 その4(食事編)

タイ到着初日は真夜中についたので、夕食は何も食べませんでした。 * 2日目は朝食・夕食とも同じレストランでのバイキング。 しかも夕食は独りぼっちでした。 * 私は旅先でもお昼は食べません。 * 3日目の夕食は家族と一緒にホテル内のタイレストランへ。…

バンコクへの旅 その3

バンコク3日目も私自身は何も予定がありません。 * 他のメンバーは像に乗るツアーに参加し、朝早くから出かけていきました。 * 昨夜ブッフェスタイル(バイキング)で食べ過ぎたと思ったので、けさは朝食を抜くつもりでいました。 * が、早朝にホテルまわ…

バンコクへの旅 その2

今回のバンコク旅行は私自身が積極的に主体となって計画したものではありません。 * それが証拠に私が計画すれば2泊3日にするのですが、3泊4日の旅行になっていました。 * 前回宿泊したホテルが大変気に入ったので、私自身は外に出かけずにホテルライフを…

バンコクへの旅 その1

妻と娘ファミリーとでバンコクに行くことになりました。 * 娘ファミリーは横浜に住んでいるので、バンコクのホテルでの集合となります。 * 妻と私は関西空港から出発します。 * 関空利用の場合、いつもはマイカーで行くのですが、今回は駐車場が満車で利…

ブログの10年間継続達成!

遂にブログの10年間継続(1日も休まず)を達成しました。 * 大きな病気も災害もなかったからこそ「1日も休まず」続けることができたわけで、神さまに心から感謝です。 * ブログを本にするサービスがあり、先日、今までの分をすべて本にまとめたら、60巻ぐ…

平成と令和の自分を比べる

平成元年は1989年。 バブルのピークでもありました。 * この時は「金儲け」に忙しくて、改元の記憶があまり残っていないのです。 * 忙しすぎる毎日を送っていると、ある期間の記憶がスッカリ飛んでいるということがあります。 * 今回の平成から令和への改…

健康のこと

若い頃は元気なものだから、自分の健康にはほとんど関心がないのが普通です。 * 本格的な病気になる前にその兆候というのが必ずあり、もし自分の健康状態に注意しているなら、事前に予防できるはずです。 * 年を重ねるにつれ「健康第一」どころか「健康唯…

とにかく読んでいく

本の読み方は、人によって“さまざま”だし、それでいいと思うのです。 * 精読もアリだし、斜め読みも、速読もアリです。 * 私の読書スタイルは多読。 * 短い人生なのだから、1冊でも多くの本を読みたいと思っています。 * 本の中には「目からウロコ」の本…

人生が「ときめく」

ハロー令和!おめでとうございます! * * 「こんまり」こと近藤麻理恵さんの本を最初に読んだ時は「目からウロコ」的衝撃がありました。 * 近藤麻理恵さんは小さい頃から片付けが大好きで、今や片付けコンサルタントとして日本はおろかアメリカでも大活躍…

今月の読破リスト200冊

忙しい人は本を読む時間がありません。 * 週休5日制にして「暇人(ひまじん)」のメリットを最大限に活用して本を読もうと思うのですが、旅行や会食が多いと、やはり苦しいのです。 * 昔のように、月50冊や月80冊や月120冊程度の読書量であれば、全然どう…

霧島神宮へのクルマ旅 その10(最終回)

泊まる場所を次々と変えていく5日間もの旅行はたぶん初めての経験です。 * また移動の連続だったので、毎日7時間ほどのドライブをしたのも初めてです。 * 楽しかったのですが、毎日こんな生活(旅行)を続けていたら飽きるだろうなという印象を持ったのも…

霧島神宮へのクルマ旅 その9

《 尾道のホテル その2 》 *プールの向こうに海が見えます(ちょっとステキすぎます)。 ↓↓ *左手に造船所、右手にヨットハーバー。そしてこのホテルはすべて同じ経営。スゴッ! ↓↓ *この小道を通ってレストランに向かいます。何だかワクワクします。 ↓↓ …

霧島神宮へのクルマ旅 その8

《 尾道のホテル 写真特集 》 *高台にあるホテルのテラス ↓↓ *海が一望。左手は造船所。 ↓↓ *ヨットハーバー ↓↓ *大きな部屋にビックリ ↓↓ *同じく室内 ↓↓ * *ベラビスタスパ・マリーナ尾道 *今日の食材 ↓↓ *そして夕食 ↓↓ * * * * * * * *

霧島神宮へのクルマ旅 その7

別府をスタートし、今度はひたすら尾道(おのみち)を目指します。 * クルマに積んでいた経済関係のCDはすべて聴き終えたので、歴史のCDを聞き出しました。 * 今回聴いたのは徳川家康と明智光秀。 * 歴史は詳しくなればなるほど、ますます興味が深まり、…

霧島神宮へのクルマ旅 その6

《 別府写真特集 》 *街のあちこちから湯けむりが出ています。↓↓ *街を歩いてると、大衆芸能もありました。↓↓ *街の中にあるお風呂屋さん。入浴料は100円(!)でした。↓↓ *宿泊したホテル(旅館)の建物の一部↓↓ 宿泊したホテルは、若い人たちも大勢(…

霧島神宮へのクルマ旅 その5

霧島神宮近くの宿を朝10時にスタート。 * 次の目的地である別府に向かいます。 * 行きは九州の西側を縦断する高速道路を走ったのですが、今回は東九州自動車道を北上します。 * この高速道路がなかなかのクセモノで、ほとんどが片道一車線なのです。 * …