夜学が花開く

大学を出て3年間、私もサラリーマンをやった経験があります。

 

ダルい会社で、仕事的にはあまり得ることがなかったように思うのですが、あまり忙しくなかったメリットを活かし、簿記と英語を勉強するために「夜学」に通っていました。

 

今から思えば、これらが後(のち)に物凄い効果をもたらしています。

 

日商簿記2級は私が取得した数少ない資格の一つです。

 

簿記を学ぶと必然的に会計学の勉強もしたくなります。

 

曲がりなりにも決算書が読めるようになったのは、この時期に勉強した知識のおかげです。

 

イケイケ・ドンドンの初心者経営者は、B/Sには無関心で、興味はP/Lのみです。

 

経営は売上ではなく、利益でもなく、フリーキャッシュフローだということに、私が気づいたのは“やっと”ここ数年の話です。

 

もう一方の英語は、実際の仕事では使うことはありませんでした。

 

が、「英語ができる」と大きな自信につながります。

 

難関大学の卒業生であっても、また超難関資格の「士」であっても、英語ができないだけで、何となく下に見られるという傾向があるように感じます。

 

若い頃、私は「歌って踊れて、英語がしゃべれる不動産屋」を目指していました。

 

が、歌も踊りも捨てた今、英語を続けていくしか、ほかに道は残されていません。

 

苦手な本

ごくたまに字が小さすぎる本があります。

 

これなど端(はな)から読む気にならないのですが、アマゾンで買っているため、実際に本が届くまでわからないことが少なくないのです。

 

いま読んでいる本は、ほとんどがノンフィクションです。

 

例外はマンガ。

 

マンガもよく読みます。

 

私は『キングダム』を読んでから中国の歴史にガゼン興味が湧き、その後、途切れることなく中国史の本を読み続けています。

 

逆にマンガ以外の小説などは読む機会がなく、最近の小説家の名前もよく知りません。

 

高校生の時、国語の先生が「小説などは今しか読めない。社会人になったら読まなくなる」と仰っていたのですが、まさにその通りでした。

 

著者が外国人の場合も(日本語に翻訳してあるわけですが)どうもシックリきません。

 

したがって著者が外国人だと、その時点で買うのをパスしてしまいます。

 

横書きの本も苦手です。

 

横書きには理数系の本も多いのですが、理数系自体、あまり得意ではないため、読むのをためらってしまいます。

 

会計や税務などの専門書も横書きの本が多いのですが、そういった本は会社で勤務時間中に集中して読むようにしています。

 

「この人の本はすべて買う!」と決めている「お気に入り」の著者も何人かいるのですが、反対に「この人の本は一切買わない」という著者も実は何人かいるのです。

 

 

 

今月の読破リスト

前回の「今月の読破リスト」の掲載から、まだ1カ月たっていないと思うのですが、とりあえず200冊が読めました。

 

ただし日本語の本ばかりで、頃合いを見計らって、外国語の本にも手を出していきたいと願っています。

 

1カ月に200冊の本を読むのに「ふうふう」言っていたのに、最近は余裕で読めるようになりました。

 

その理由の一つは、純粋に速読力が増しているということと、もう一つはシンプルライフ化が進み、余計なことに時間や手間を取られなくなったということが言えると思います。

 

私の場合「本を読む」ことが人生の核で、それ以外はできるだけ省略化したいと思っています。

 

営業の第一線を離れた今の私は、交友範囲が狭く、したがって友人は少ないのですが、本が友でもあるので、情報も知識も智恵も胆力も、十分に読書から得られています。

 

おまけに少数の良質な友人にも恵まれているので、日常生活で寂しいと思ったこともありません。

 

ある愛読家の人が「本はすべて残す。本以外はすべて捨てる」と著書の中で述べていました。

 

「サムライにとって刀は命であり、いくらお金をかけてもいいし、いくら自慢してもいい」のですが、知的生活者(生産者)にとって、本は刀のようなもので、本にいくらお金をかけても、また本に関してはいくら自慢してもいいと、渡部昇一先生から教えていただきました。

 

したがって私も、これという人を見つけては自分の図書館を自慢しているわけです。

1    『何者かになるための継続力』    蛎田一博    KADOKAWA    1,500    AA
2    『今がわかる 時代が分かる日本地図』    ーーー    成美堂出版    1,700    AA
3    『アメリカ合衆国50州図鑑』    パトリック・ハーラン    ナツメ社    2,035    AA
4    『60代からの小さくて明るい暮らし』    ーーー    主婦の友    1,300    B
5    『マンガ日本の古典 奥の細道』    矢口高雄    中公文庫    629    AA
6    『絶つ経営』    八木秀一    幻冬舎MC    1,600    AA
7    『グラゼニ大リーグ編 5』    森高夕次・足立金太郎    講談社    759    AA
8    『日本製鉄の転生』    上阪欣史    日経BP    1,700    A
9    『サブスクというすごい仕組み』    中村寿子    みらい    1,500    A
10    『すべての病気は自分で治す』    花房紀行    笑がお書房    1,000    A
11    『幸せ波動、貧乏波動』    斎藤一人    PHP研究所    1,400    AA
12    『アドレスフリーという働き方』    浦聖治    光文社    1,700    A
13    『まっぷる 京都』    ーーー    昭文社    1,155    A
14    『ことりっぷ 日光・那須』    ーーー    昭文社    1,045    A
15    『老いる日本の住まい』    NHKスペシャル取材班    マガジンハウス    1,000    A
16    『ミニマリストという生き方』    辰巳渚    宝島社    1,300    B
17    『風水招福術』    御堂龍児    KKロングセラーズ    1,848    A
18    『まっぷる 群馬』    ーーー    昭文社    1,050    A
19    『手放す習慣』    玉城有紀    クロスメディア    1,480    AA
20    『愛される人はなぜ神社に行くのか?』    八木龍平    KODANSHA    1,400    B
21    『夢へのフライト直行便』    CRAZY COCO    ヨシモトブックス    1,400    A
22    『部屋を見れば未来がわかる!』    舛田光洋    サンマーク出版    1,300    A
23    『サラリーマンは50歳からが中古マンション投資の始めどき』    木下尚久    アーク出版    1,870    A
24    『婦人画報 3』    ーーー    ハースト婦人画報社    1,400    AA
25    『御朱印でめぐる全国の神社』    ーーー    Gakken    1,430    AA
26    『大人女子のためのデンタルケア事典』    歯の寿命をのばす会』    クロスメディア    1,480    AA
27    『うまく老いる』    樋口恵子・和田秀樹    講談社新書    900    A
28    『今日もコーヒーを淹れて。』    Mocha    KADOKAWA    1,300    AA
29    『千葉の神社』    ーーー    Gakken    1,540    A
30    『新潟 佐渡の神社』    ーーー    Gakken    1,430    A
31    『弱った心臓を元気にする方法』    上月正博    アスコム    1,400    A
32    『スピリッチ習慣』    美湖    KADOKAWA    1,500    A
33    『イメージ世界が第一の人生』    池上悟朗    BABジャパン    1,400    A
34    『不動産問題の解決の教科書』    鍋島重茂    明日香出版社    2,000    A
35    『ユダヤ蓄財術「タルムート」金言集』    石角完爾    小学館    1,600    A
36    『不動産オーナー節税99の質問』    渡邊正樹    「家を貸す」座談会    1,800    A
37    『1日3分やめるノート』    中島美鈴    すばる舎    1,400    A
38    『老いの失敗学』    畑村洋太郎    朝日新書    840    A
39    『私のタオ』    加島祥造    筑摩書房    1,600    AA
40    『やせてる人の習慣、ぜんぶ集めました。』    工藤孝文    青春出版社    1,070    A
41    『電力・ガス業界』    江田健二・他    技術評論社    1,700    A
42    『ここが変だよ鎌倉武士』    羽生飛鳥    PHP研究所    1,600    A
43    『70歳からの老いない生き方』    舛森悠    KADOKAWA    1,500    A
44    『るるぶ 京都』    ーーー    JTBパブリッシング    1,155    A
45    『人生で一番楽に17キロのダイエットに成功しました』    なぎまゆ    KADOKAWA    1,200    A
46    『教養としての書道』    前田鎌利    自由国民社    1,650    AA
47    『これが最後の片づけ!』    石阪京子    ダイヤモンド社    1,300    A
48    『衰えない処方箋』    帯津良一    青萠堂    1,300    AA
49    『決算書&ビジネス数字の活用100の法則』    斎藤正喜    日本能率協会    1,650    A
50    『面倒なことはChatGPTにやらせよう』    カレーちゃん・からあげ    講談社    2,500    A
51    『稼げるビジネスeBAYで月収50万円』    こんさん    ぱる出版    1,400    A
52    『AI産業の動向とカラクリがよ~くわかる本』    讃良屋安明    秀和システム    1,650    AA
53    『コンサルの歩き方』    とあるコンサルタント    ソーテック社    1,595    A
54    『生成AIは小売をどう変えるか?』    永田洋幸    ダイヤモンド社    1,800    A
55    『小さな会社の経理・人事・総務』    土屋裕昭・佐藤敦規    技術評論社    1,600    A
56    『それ全部、逆流性食道炎です。』    関洋介    アスコム    1,350    A
57    『なんか楽しいノンデュアリティ』    ゆいか    ナチュラルスピリット    1,300    A
58    『いのちのめがね』    灰谷孝    PHP研究所    1,600    A
59    『あなただけの豊かな人生のつくり方』    上倉妙    セルバ出版    1,760    A
60    『腸の強化書』    藤田紘一郎    宝島社    990    A
61    『方位のパワーで大開運』    柴山壽子    合同フォレスト    1,500    A
62    『地図でスッと頭に入る地政学』    鈴木達人    昭文社    1,760    AA
63    『免疫超入門』    吉村昭彦    講談社    1,000    A
64    『胃腸の守り方』    桐山真典    幻冬舎MC    1,300    A
65    『最強の開運法』    ーーー    宝島社    891    B
66    『強い血管をつくる習慣』    ーーー    宝島社    590    A
67    『胃腸を強くする名医のワザ』    ーーー    宝島社    759    A
68    『耳をもむと不調が消える』    ーーー    マキノ出版    990    A
69    『快慶作品集』    ーーー    東京美術    3,200    AA
70    『ペットと泊まるホテル・宿』    ーーー    実業之日本社    1,980    A
71    『家庭画報 3』    ーーー    世界文化社    1,650    AA
72    『覚悟がすべてを変える』    安藤巧一郎    青志社    1,650    AA
73    『あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと』    辰巳渚    文藝春秋    1,350    A
74    『価値あるお金の増やし方』    肉乃小路ニクヨ    KADOKAWA    1,500    AA
75    『85歳の今も現役医師の父を救った食事法』    マリー秋沢    青萠堂    1,320    A
76    『3か月で自然に痩せていく仕組み』    野上浩一郎    ダイヤモンド社    1,400    A
77    『ユーザーファースト』    野地秩嘉    プレジデント社    1,700    A
78    『神ウォーキング』    佐藤義人    KADOKAWA    1,500    A
79    『仕事の辞め方』    鈴木おさむ    幻冬舎MC    1,500    AA
80    『るるぶ 鹿児島』    ーーー    JTBパブリッシング    1,050    A
81    『日本の国際報道はウソだらけ』    島田洋一・飯山陽    かや書房    1,500    A
82    『宇宙の引き寄せの法則』    akiko    KADOKAWA    1,500    AA
83    『おとな旅プレミアム 名古屋』    ーーー    TAC出版    1,000    A
84    『16時間断食』    石原新菜    宝島社    1,430    AA
85    『ほっとする老子のことば』    加島祥造    二玄社    1,000    A
86    『すごい!ナンバ術』    矢野龍彦    BABジャパン    1,500    AA
87    『働き手不足1100万人の衝撃』    古屋星斗    プレジデント社    1,600    AA
88    『跡継ぎ息子のやり方』    樋口長英    プレジデント社    1,500    A
89    『ふわっと速読で英語脳が目覚める!』    Max二宮    青春出版社    1,700    AA
90    『おとな旅プレミアム 十和田湖奥入瀬』    ーーー    TAC出版    1,000    AA
91    『中国経済衰退の真実』    田村秀男    産経新聞出版社    1,164    A
92    『土木施工の本』    溝渕利明    日刊工業新聞社    1,980    A
93    『100億円資産形成メソッド』    久保川義道    クロスメディア    1,580    A
94    『おとな旅プレミアム 四国』    ーーー    TAC出版    1,000    A
95    『るるぶ 日本遺産』    ーーー    JTBパブリッシング    1,320    A
96    『隠された十字架の国・日本』    ケン・ジョセフSr.&Jr.    徳間書店    1,800    A
97    『投資の名著50冊を1冊にまとめてみた』    タザキ    KADOKAWA    1,600    A
98    『ハンドケア&フットケア』    川嶋朗・室谷良子    イースト・プレス    1,400    A
99    『人生学のバイブル』    風見正三    風詠社    1,320    A
100    『おとな旅プレミアム 南紀熊野古道』    ーーー    TAC出版    1,000    AA
101    『世界遺産 宗像・沖ノ島』    佐藤信・溝口孝司    古川弘文館    2,400    A
102    『クリニック経営4つの原則』    三橋泉    クロスメディア    1,580    AA
103    『またうっかり、自分を後回しにするところだった』    中村天風    アスコム    1,450    A
104    『こだわりマイホームを手放して賃貸生活でお金も貯まりました』    アベナオミ    KADOKAWA    1,200    AA
105    『Copilot in Windows』    ーーー    技術評論社    1,200    A
106    『教養としての生成AI』    清水亮    幻冬舎新書    940    AA
107    『孫子×ビジネス戦略』    守屋淳    日本経済新聞出版    1,600    AA
108    『ドラッカー×カーネギー』    藤屋伸二    日本経済新聞出版    1,600    AA
109    『AI思考は武器になる』    谷岡悟一・他    クロスメディア    1,680    A
110    『暗号資産をやさしく教えてくれる本』    松嶋真倫    あさ出版    1,500    A
120    『新しいNISA超入門』    藤原久敏    スタンダーズ    1,540    A
121    『世界の不動産経済の潮流』    坪田清    プラチナ出版    1,500    AA
122    『毎日テニスだけやってたら、年商2億の会社になりました。』    増田吉彦    クオル出版    1,500    A
123    『神様占い』    桜井美帆    総合法令出版    1,300    A
124    『「調子いい!」がずーっと続くカラダの使い方帖』    木野村朱美    日東書院    1,400    A
125    『人生は70歳からが一番面白い』    弘兼憲史    SB Creative    1,430    A
126    『なりたい自分になる!』    相邑美佐江    ビオ・マガジン    1,650    A
127    『日帰り温泉 関西版』    ーーー    京阪神エルマガジン社    1,200    A
128    『昭和天皇物語 14』    能條純一・他    小学館    750    AA
129    『ひとり終活は備えが9割』    岡信太郎    青春出版社    1,100    A
130    『おとな旅プレミアム 箱根』    ーーー    TAC出版    1,000    AA
131    『北海道の神社』    ーーー    Gakken    1,430    AA
132    『幸せの授業』    樺沢紫苑    飛鳥新社    1,400    B
133    『カウンセラーはこんなセルフケアをやってきた』    伊藤絵美    晶文社    1,600    B
134    『和の国の神さま占い』    香坂琉月    VOICE    1,860    A
135    『アロマ男子のススメ』    星野知子    セルバ出版    1,800    A
136    『お金は君を見ている』    キム・スンホ    サンマーク出版    1,800    A
137    『新しい目のトリセツ』    平松類    エクスナレッジ    1,300    A
138    『体とこころのトリセツ』    島田和美    エクスナレッジ    1,600    A
139    『老後ひとり暮らしの壁』    山村秀炯    アスコム    1,400    A
140    『見えないからこそ見えた光』    岩本光弘    ユサブル    1,600    A
141    『日本経済大復活』    今井澂    Gakken    1,760    AA
142    『タイムウェーバー』    寺岡里紗    ヒカルランド    2,000    A
143    『ナンバ式!元気生活』    矢野龍彦・長谷川智    ミシマ社    1,500    AA
144    『とにかく休め!』    Testosterone    きずな出版    1,300    AA
145    『あやうく未来に不幸にされるとこだった』    堀内進之介・吉岡直樹    東洋経済新報社    1,500    B
146    『空腹が健康をつくる』    三浦直樹    ナツメ社    1,400    A
147    『情報断食』    鈴木七沖    きずな出版    1,500    A
148    『おとな旅プレミアム 宮島・広島』    ーーー    TAC出版    1,000    A
149    『地球の歩き方 北九州市』    ーーー    Gakken    2,200    A
150    『るるぶ 岩手』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
151    『るるぶ 淡路島』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
152    『るるぶ 長野 善光寺』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
153    『るるぶ 秋田』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
154    『捨てられる教師』    石川一郎    SB新書    990    A
155    『手術をする外科医はなぜ白衣を着ないのか?』    入倉隆    日本経済新聞出版    1,800    A
156    『るるぶ 広島 宮島』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
157    『ツキの法則』    谷岡一郎    PHP新書    660    A
158    『強運の方程式』    高橋宏和    SBCreative    1,760    A
159    『るるぶ 飛騨 高山』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
160    『るるぶ 香川』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
161    『るるぶ 兵庫』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
162    『これから3年 株で攻める!』    杉村富生    すばる舎    1,650    AA
163    『30日でわかる戦国武将』    山田勝    文響社    1,450    AA
164    『2030年お金の世界地図』    ジム・ロジャース    SB新書    990    A
165    『バカになる勇気』    池田親生    きずな出版    1,500    B
166    『まいにちメンタル危機の処方箋』    内田舞    大和書房    1,500    B
167    『おとな旅プレミアム 函館・津軽』    ーーー    TAC出版    1,000    A
168    『日本保守党』    百田尚樹・有本香    飛鳥新社    1,500    A
169    『将棋の渡辺くん 7』    伊奈めぐみ    講談社    880    A
170    『人生が変わる耳ツボダイエット』    小林英健    主婦の友社    1,300    A
171    『肩・腰・膝の痛みが消える日常動作大図鑑』    植森美緒・金岡恒治    ダイヤモンド社    1,300    A
172    『勝敗の法則』    小中英嗣    技術評論社    1,800    A
173    『暴落ドミノ今すぐ資産はこう守れ!』    澤上篤人    明日香出版社    1,550    A
174    『月曜断食やってみたらスルッとやせました。』    おにぎり2525・関口賢    KADOKAWA    1,150    A
175    『血糖値がみるみる下がる!』    板倉広重    日東書院    1,200    A
176    『教養としての発酵』    村井裕一郎    あさ出版    1,500    A
177    『疲労とはなにか』    近藤一博    KODANSHA    1,000    A
178    『老活の愉しみ』    帚木蓬生    朝日新書    810    A
179    『限界分譲地』    吉川祐介    朝日新書    870    A
180    『70歳までに脳とからだを健康にする科学』    石浦章一    ちくま新書    900    A
181    『江戸の少食思想に学ぶ』    若井朝彦    小学館新書    960    A
182    『おとな旅プレミアム 伊豆』    ーーー    TAC出版    1,000    A
183    『ウルトラ・ニッチ』    浜田寿人    ダイヤモンド社    1,500    AA
184    『中国不要論』    三橋貴明    小学館新書    760    A
185    『日本語教師体験記』    藤森和枝    パレード    1,200    A
186    『正しい寿命の延ばし方』    今井伸二郎    総合法令出版    1,600    A
187    『世界トップ投資家の共通言語』    高岡美緒・曽我有希    日経BP    1,800    B
188    『だから思考は現実化する』    松本幸夫    総合法令出版    1,300    A
189    『開運”福”部屋マニュアル』    シウマ    KADOKAWA    1,300    B
190    『65歳からの食事革命』    松田美智子    文化出版局    1,700    A
191    『やせる食べ方』    関口賢    日本文芸社    900    A
192    『世界情勢2024』    池上彰    毎日新聞出版    1,000    A
193    『百まで生きる覚悟』    春日キスヨ    光文社新書    820    B
194    『まっぷる ドライブ関東 甲信越』    ーーー    昭文社    1,210    A
195    『まっぷる 福島』    ーーー    昭文社    1,155    A
196    『るるぶ 九州ベスト』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
197    『るるぶ ドライブ信州 東海 北陸』    ーーー    JTBパブリッシング    1,210    A
198    『るるぶ 愛知』    ーーー    JTBパブリッシング    1,188    A
199    『西洋音楽史』    山崎圭一    PHP研究所    1,650    AA
200    『APDがラクになる本』    平野浩二    あさ出版    1,600    A

妄想の達人へ

孔子は立身出世の教えで、老子は自然体の教えという感じがします。

 

若い頃は「孔子」で頑張り、還暦を過ぎれば断然「老子」型で自然や宇宙と調和しながら生きるというのが、私の体験的にもいいように思います。

 

「全力!」よりも「脱力!」なのであります。

 

私自身は自分の過去には全く関心がありません。

 

将来に対してはとても興味があるのですが、どちらか言うと「ワクワク妄想」です。

 

潜在意識は何でも実現してくれるのですが、「こうして欲しい」とか「こうなりたい」ということをハッキリと伝えないと、潜在意識だってどうしたらいいのか分かりません。

 

夢や願いは「書く」のが一番です。

 

私の経験でも書いたことは、たいてい実現しています。

 

逆に「エベレストに登りたい」とか「プロ野球選手になりたい」とかいった、興味が湧かないことは書かないので「実現しないことは最初から書かない」とも言えます。

 

つまり書いたことはすべて実現するわけです。

 

渡部昇一先生は類(たぐい)まれなる努力家ですが、一方「虫のいいことを考える」大切さも述べておられます。

 

いわば「妄想力」がこの人生を大きく左右するわけです。

 

また「虫のいいこと」が実現したときに、何の躊躇(ちゅうちょ)もなく、堂々とそれを受け入れる心の準備というのも大事なことのようなのです。

至福の読書

毎日のルーティンワークが忙しいので、買い物はほとんどネットで行っています。

 

本も例外ではなく、毎週金曜日の夕方に、その前の1週間で出版された新刊書を、アマゾンでチェックしながら注文しています。

 

この新刊書チェックは楽しいのですが、ほぼ1時間かかります。

 

そのあいだ本の冊数にして30冊~50冊ぐらいの本を購入します。

 

次の月曜あたりにドサッと会社に届くのですが、1人で家に持って帰れない量になることもよくあります。

 

私の自宅には、買ってまだ読んでいない「未読の本」専用の本棚がいくつもあり、早く読んでいかないと、それらの本棚がいっぱいになってしまいます。

 

クルマに乗っての神社めぐりはよくするのですが、それ以外のアウトドア活動にはほとんど興味がありません。

 

書斎で本を読んでいる時が至福の時間です。

 

読むスピードがどんどん速くなっているようで、次の海外旅行には一体何冊の本を持って行ったらいいのか見当もつきません。

 

昔、ニューヨークへ研修旅行に行ったときに、40冊ほど持って行ったことがあります。

 

その時はスーツケースを動かすコマが途中で壊れてしまいました。

 

今だと40冊ぐらいだと全然足らず、帰国まで持たないような気もします。

 

読書に目覚めさせてくださった(高校時代の恩師の)志賀大郎先生や、その著書で私の「思考の骨格」を作ってくださった渡部昇一先生には、感謝しきれない心境です。

 

 

フェイスブックのお友達

一度も会ったことがないのに、フェイスブックで友達申請をして、ネット上でつながっている人たちが2,000人ほどいます。

 

そういう人たちとは実際に会うことは多分ないだろうと思っていました。

 

が、あるとき、エステ店をやっている人(女性)をその中から見つけ、そんなに遠いところでもなかったので、連絡して施術を受けることにしました。

 

3回ほど受けたあと、たまたまその人が九州の神社に行っていることを、やはりフェイスブックで知りました。

 

最初にアップされたのが霧島神宮(鹿児島県)。

 

そしてそのあと宗像大社(福岡県)が出てきました。

 

「これって九州縦断やん!」と、その走行距離に驚きました。

 

ひじょうに興味があったので、何度かメールを繰り返したあと、ランチを一緒にすることになりました。

 

フェイスブック上の知人と食事したのは初めてです。

 

神社の話で盛り上がったのはモチロンですが、そのほかの話もいろいろと聞けて、実に興味深かったのです。

 

さまざまな事情があって、今度エステサロンを閉鎖することにしたこと。

 

そして今は2つのアルバイトを掛け持ちしていて、一つはホテルのベッドメイキングの仕事。

 

そしてもう一つは、なんと京都の祇園のクラブでホステスとして働いているとのこと。

 

私は友だちが少ない方だと思うのですが、まさかそこに祇園のホステスが加わるとは思いもしませんでした。

*リッツカールトン大阪「花筐(はながたみ)

 

天へのポイント

誰も見ていないところで不具合なことや不正をしていては「いい人生」になりようがありません。

 

それに誰も見ていないようで、少なくとも2人にはシッカリと見られています。

 

即ち自分と神様です。

 

逆に何の見返りも期待しないで善行を行っていると、知らぬ間に何倍にもなって自分のところに戻ってくることがあります。

 

朝のワンちゃんとの散歩で、ゴミを拾いながら歩いています。

 

これなど別に「善行」とも思わず、ほぼ条件反射的に行っているのですが、続けているとビックリするほどの「お返し効果」があります。

 

どうもゴミを一つ拾うごとに天にポイントがたまるようで、それも半端でなく、ゴミ1つに1,000ポイントぐらいが加点されるようなのです。

 

「天」のポイントは「楽天」ポイントよりもずっと大きいのです。

 

そして、ある程度ポイントがたまると、自動的に欲しいものが天から降ってきます。

 

いま私が住んでいる家なども、そんな感じで与えられたものです。

 

私だけでなく、一緒にゴミ拾いしていた人も「あれよあれよ」という間にマイホームが手に入ったのを知っています。