今年の「神たび」

今年の「神たび」は、まだ行っていないところを含めて、今のところ20回。

毎月、伊勢神宮を訪問しているので、そのほかに8回も他の神社にお参りしていることになります。

宗像(むなかた)大社、霧島神宮、富士山本宮浅間(ほんぐうせんげん)大社、そして戸隠(とがくし)神社など、それぞれに印象深かったのです。

「大社」と名前がつく神社は、やっぱり大きいのです。

また「神宮」がつく神社は、天皇家と強いつながりがあるところです。

宗像大社には神々が舞降りられる場所があり、あまりの神々(こうごう)しさに、しばらくその場を離れることができませんでした。

霧島神宮のご祭神は、天照大神(アマテラスおおみかみ)のお孫さんですが、高天原の神々を従え、この地上に降りてこられました。

アメニキシ・クニニキシ・アマツヒコヒコホノ・ニニギノミコトというのがその正式名称ですが、私はそのお名前を覚えるのに3年かかりました。

初めての参拝だったので要領が悪く、霧島神宮で早朝1時間ほどの参拝をしただけだったのに、結局5日間かかりました(やっぱり鹿児島は遠い)。

独特の雰囲気を持った厳かな神社なので、ぜひとももう一度訪れたいと思っています。

富士山本宮浅間大社参拝の前日は、河口湖のホテルに宿泊しました。

早朝、河口湖周辺を散歩したのですが、富士山は心を澄まさないと、決してキレイな姿を見せてくれないということがわかりました。

富士山の神様はコノハナサクヤヒメで、霧島神宮のご祭神ニニギノミコトの奥さんです。

戸隠神社奥の院への参道は圧巻でした。

早朝だったので、そのスピリチュアル感を独り占めできました。

次回は「川中島古戦場跡」にも立ち寄ろうと思います。

おいしかった更科そば店にも、むろん再訪します。

 

 

丹波の国の元伊勢

豊受大神(トヨウケのおおみかみ)は1,500年前、天照大神(アマテラスおおみかみ)のご要望により、丹波の国から伊勢神宮・外宮に居を移されました。

その元のお社をお伺いしようと、今回の「日帰り神たび」となりました。

朝10時に宝塚を出て、帰ってきたのがちょうど15時。

5時間の「神たび」で3つのお社に参拝してきました。

京都府福知山市の「元伊勢」と呼ばれる3つの神社です。

まずは「豊受大神社」(ご祭神は豊受大神)へ。

この階段を登ったところにあります。

f:id:deguchi:20191121190232j:plain

神域のあまりの「すがすがしさ」に心が透明になりました。

小鳥たちも楽しそうに歌を歌っていました。

f:id:deguchi:20191121190302j:plain

近くにある「皇大神社」。

ご祭神は天照大神(アマテラスおおみかみ)です。

f:id:deguchi:20191121190348j:plain

天照大神のお社の左隣に「万幡豊秋津師比売命(よろずはたトヨアキツシひめ)のお社があり、ひょっとして右隣は「天手力男命(あめのタヂカラオのみこと)」かと思って近づいたら、はたしてそうでした。

伊勢神宮・内宮のご正殿の「相殿’あいでん)の神」が、この2柱の神々なのです。

トヨアキツシヒメは天照大神のご長男のお嫁さんなので、天照大神はお姑さんになります。

トヨアキツシヒメが天照大神の身の回りの世話を、またタヂカラオが護衛を仰せつかっているのではないかと推測されます。

神社のご神木からはエネルギーが出ています。

f:id:deguchi:20191121190449j:plain

古い切り株の中から、新しい気が育ってきています。

f:id:deguchi:20191121123735j:plain

最後の訪問地は「天岩戸神社」。

いかにもパワースポット的な場所です。

f:id:deguchi:20191121190510j:plain

岩の斜面の上に立ち、鎖を使わなければ行けないことを知り、ビックリしました。

f:id:deguchi:20191121190528j:plain

やっぱりパワースポットなのです。

f:id:deguchi:20191121190545j:plain

霊能力に囚われない

私自身には霊感や霊能力のようなものはないのですが、そういったものは(世の中には)当然にあると思っています。

科学が発達すると「この世的にちょっと不思議なこと」が影を潜めていくようですが、平安時代あたりだと陰陽師が普通に活躍していました。

一番有名なのは安倍清明(あべのせいめい)ではないかと思うのですが、その霊能力は抜きんでおり、平安京に結界を張る仕事を国から依頼されて行ったりしています。

高野山の修行僧などでも(修行の途中で)念の力だけで机を動かすことができたりすることがあるそうです。

が、そういったものは無視していかないと、逆に修行の妨げになってしまいます。

ちなみに霊能力と電気的な機能はよく似ているようで、スイッチが勝手にONOFFになったり、ラジオやデジカメが壊れたりする現象は、特定の人によく起こるようです。

ある科学者が体験した霊現象を「あれやこれや」と(うれしそうに)書いている本を読みました。

この世的に不思議なことでも「そんなこともあるだろう」と思っている私から見れば、別にどうってことはなく、「今日はこんな所へ行きました」とか「こんなものを食べました」とかの記述と同じで、大して意味はないわけです。

霊能力と心の修業とは別物で、そこを勘違いしていては極めて危険なのです。

ある霊能力に優れた女性が、神仏との会話を書いている本を読みました。

が、結局、その人の心のレベル以上の霊とは話ができず、神仏との会話のはずなのに、内容が随分と「俗っぽい」と感じたことがあります。

釈迦の霊能力(六大通力)の中で最高のものを「漏尽通力(ろうじんつうりき)」と呼び、それは「霊能力を隠してしまう」力なのです。

最初から霊能力がないのは、案外、とても幸せなことなのかもしれません。

 

新聞とってる?

新聞を取らない人が増えたのは間違いがなく、私のまわりでも新聞を取っている人がほとんどいません。

ネットで十分ニュースをチェックすることができるようになりました。

かく言う私も朝日新聞毎日新聞のような一般紙は購読していません。

が、経済紙はさすがに読んでおり、「日経」、「日経流通」、「日経産業」、「日経金融」の4紙を取っています。

日本経済新聞のネット版も申し込み済みなのですが、紙媒体よりも早く記事が掲載されます。

私のように50年以上も新聞を読んできた人間にとっては、紙媒体の新聞がないと不安になり、たまに新聞休刊日があったりすると、朝から何をしたらいいのか分からない時があります。

新聞も気合を入れて読むと1時間ぐらいかかってしまいます。

忙しい現代人にとっては、毎朝1時間、新聞に費やしている暇はないのかもしれません。

神社新報」などという神官しか読まないような新聞も取っていたことがあります。

不動産業界紙の「週刊住宅新聞」に毎週「駅前不動産奮闘記」というコラムを書いていたことがあります。

20年間書き続け、そのコラムから4冊の本が出版されました。

自分のコラムが掲載されている新聞を読む時は「変なことを書いていなかったか」と読む前にドキドキします。

経済誌は「週刊東洋経済」、「日経ビジネス」、「週刊ダイヤモンド」の3誌を購読しており、いい意味でのタイムラグがあり、ここから得る情報が一番役に立っているかもしれません。

あるエコノミストが「日経新聞の読み方」のような本を出しているのですが、それを読んで「この著者は新聞は読んでいるけれど、案外、本は読んでいないのではないか」と感じました。

 

 

来年の「神たび」

クルマ旅を重ねていくと、だんだんとノウハウも蓄積されていきます。

同時に持っていく荷物も増えていきます。

最近は、比較的大きい(76リッターの)スーツケースを2つ持っていきます。

参拝などで羽織袴を持参の時は、それら以外に小さなスーツケースが1つ追加になります。

旅行に必要な用具は常にスーツケースに入れており、用意する時間の短縮にもなり、また忘れ物対策にもなっています。

神社は辺鄙(へんぴ)なところにあることが多く、地方の旅館に泊まる時は要注意です。

部屋でWi-Fiが使えなかったり、電気スタンドが置いてなかったり、そもそも机がなかったりするのです。

おまけに旅館の場合、食事つきのケースが多いのですが、この食事がマズかったりすると、もう逃げようがありません。

神社は早朝参拝が一番おススメなのですが、その場合、むしろ朝食がない方が機動的に動けます。

従って「一人旅」、「クルマ旅」、「神たび」の場合は、圧倒的にホテルの方が旅館よりも使い勝手がいいのです。

人生は短いので、もう遠慮なしに、行きたい神社へどんどん向かっていこうと考えています。

来年の「神たび」も続々決まってきており、毎月の伊勢神宮以外にも、阿蘇方面と出雲方面への予定を決め、宿泊場所の予約も完了しました。

地方の旅館を取らざるを得ない場合は、よく事情が分からないので、カード会社のコンシェルジェ・システムを活用しています。

阿蘇方面への参拝は、34日の日程を取り、阿蘇神社と高千穂神社への参拝を予定しています。

出雲方面は、出雲大社をコアに、須佐神社や日御碕神社、また出雲の大型書店や足立美術館へも出向く予定です。

どちらも、かなり「ワクワク旅」であります。

 

最近のこと

オゾン治療という、保険がきかない治療(予防)法があります。

体から100ccの血液を採取し、そこにオゾンを入れ、また体に戻すという方法なのですが、本当に効果があるのかどうかの議論が最近かまびすくなってきました。

ものは試しと、実は私もその5回コースを申し込んでおり、もうその4回目が終わったところです。

体調はいいのですが、その効果で良くなったのかどうかは不明です。

うれしかったのは、採血した時、別々の時に別々の看護師さんから「血がきれいですね」と言ってもらったことです。

和食中心の食事が寄与しているのかもしれませんが、これはちょっとした自信になりました。

オゾン予防の効果は不明ですが、やっていて明らかに効果がある健康法があります。

それは階段上り。

100段の階段を10回昇り降りするだけで、時間にして40分ほど。

ところがこれをやると体脂肪率17%台になり、旅行などでやらない期間があると、体脂肪率は一気に上昇するのです。

これほどハッキリ効果のあるエクササイズも珍しいのではないかと思います。

カラダ年齢が出る体重計を使っているのですが、ちなみに体脂肪率17%なら47歳、それ以上だと4850歳が表示されます。

(残念ながら体脂肪率が16%以下になったことは一度もありませんが)

体の健康法ではなく、頭の健康法の話をすると、語学は頭のアンチエイジングに打ってつけではないかと思います。

語学が上達するにつれ、頭のほうも進化しているような気になります。

英語、独語、仏語、中国語のウェブレッスンを受けているのですが、それぞれの参考書も毎週1冊ずつ読んでいこうと思うのです。

つまり週に4冊語学の本を読むということになります。

もうブログに書いてしまったのだから、実行するしか手はありません。

 

 

「何をしないか」を決める

「何がしたいのか」や「どうなりたいのか」を決めたなら、そこに最短で到着できるように「何をしないのか」も決めるべきだと思うのです。

そんなにストイックに実行しているわけではないのですが、例えば「テレビを見ない」というのは私の知的生活に大いに貢献しています。

テレビを見る時間があるなら、本を読みたいわけです。

ゴルフをしないのも、今の私にとっては大正解です。

ゴルフには「社交」や「健康」など、いい面がいっぱいあるのですが、あえて言うなら「時間泥棒」的な面があり、1日潰してしまうことが少なくありません。

友人で社交ダンスにハマり、週に5日練習している人がいます。

もし私がやり出したなら、体育会的気質も相まって、毎日のめり込む姿が見えているので、強く自重しているところです。

銀座や新地を飲み歩くという習慣もなく、時間のみならず、おカネの面でも助かっています。

おカネのかかる趣味を持つと、富裕層とつながりやすいというメリットがありますが、私の場合は読書や旅行といったところが自分の器に合った趣味ではないかと思っています。

ある人が仕事や生活を大転換したところ、ストレスが大幅に減りました。

すると今までは海外旅行などで刺激を得る必要があったのが、国内の旅で十分に満足できるようになったのだそうです。

私は本業が不動産屋なので不動産はよく買うのですが、収益物件以外の不動産(例えば別荘など)に触手を伸ばすという気持ちは全くありません。

ついでに言うと、海外不動産にもあまり興味がなく、購入までの手間や時間や、あるいは維持するためのイライラとも無縁です。

いずれにせよ、今は次の投資のためにおカネを貯めているところなのです。