「思考ノート」その1

「叶えたい夢を書く」というのは、夢実現のための超有効な方法です。

 

この方法を書いた「ビジネス書」や「自己啓発本」や「スピリチュアル本」もたくさんあります。

 

私も実際に試してみて、夢が実現した経験が数限りなくあります。

 

どう考えても「書いた者勝ち」なのです。

 

それまで頭の中で漠然としていた願いが、書くという行為によって、明確に言語化されたり、イメージ化されたりするわけです。

 

夢の実現を一切合切、潜在意識に任せてしまうという手もありますが、自分の努力で夢に一歩一歩近づくという方法もあります。

 

その場合、大事なのは「過程を楽しむ」という姿勢です。

 

努力を楽しんでしまうと言い換えてもいいかもしれません。

 

先日、本を読んでいたら「思考ノート」をいつも持ち歩き、暇を見つけてはそのノート相手に考えているという著者がいました。

 

スマホやパソコン相手に考えるというのもアリなのでしょうが、やはり手書きでノートに書いていくというのが一番よかったとのこと。

 

そのノートも試行錯誤の末、B5の大きさに落ち着いたのだそうです。

 

私はA5サイズの5年手帳を愛用していているのですが、スケジュール以外に20ぺージ分ほどの余白があります。

 

試しに、そこに自分が考えるべきテーマについてアイデアを書いていくことにしました。